0545657105 お問い合わせ
ブログ

ご近所さんとの関係

Post by 有吉 育美

みなさんこんにちは。

最近お庭関係の投稿ばかりだったので、今日はお家を建てる際に気になる法律に関してです。

お家を建ててから長いお付き合いになるご近所さんとはなるべくトラブルなく過ごしたいですよね。

 

建物を建てる際には、建築基準法や県の条例、民法などがかかわってきます。

 

【第234条(境界線付近の建築の制限)】
建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。
2.前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。

 

民法ではこのように、建物を建築する際には隣地との境界線から50㎝以上の距離を保たなければならないと定められています。

これを知らずに建築してしまうと隣地の方から指摘を受けたり、建築中の場合、建築が中止されることになります。

(但し地域の慣習がある場合はそちらが優先されます。)

限られた土地の中で間取りを考える際にはとても重要なきまりですね。

こういったトラブルは後々のご近所さんとのお付き合いに影響してくる場合があります。

現在間取りをご検討中の方は、是非図面で隣地との離れをチェックしてみてくださいね。

 

投稿者:有吉 育美

ご相談・お問い合わせ